大阪・東京での3D・CG・撮影・映像編集はオズキューブにお任せください

映像制作を目的別で見る最近の映像実績各種料金設定映像制作の関連サ-ビス映像制作における流れと意味映像制作の会社を選ぶポイント
     
  • イベントプレゼンテーション用映像
  • 商品用プロモーション映像
  • リクルート用映像
  • 会社案内用映像
  • CM、PV用映像
  • 40万円からできる映像制作
  • 60万円〜
  • 80万円〜
  • 120万円〜
  • 160万円〜
  • DVD、BDプレス
  • モニター販売
  • データベース作成
  • 構成、台本作成
  • 素材提供
  • 撮影
  • 映像編集
  • ナレーション録音
  • 音楽、効果音
  • 納品

天しもビルレンタル撮影スタジオ

3DCG、モーショングラフィック制作

映像制作の会社を選ぶポイント

到達点

映像を作る上でもっとも大事なことは、最終的な使用目的・到達点をはっきりとし、その目的に即した演出・企画を組み立てることです。
もちろん映像そのものに対する技術も必要ですが、演出・企画をきちんと組立てていない映像はただの自慢映像・自己満足映像になりがちで、見ているお客様に意図が伝わりません。
映像制作会社の中にはこの演出・企画も請負い、さらには制作・編集まで行う所もあります。もちろん一貫した制作環境を持ち合わせている所は納期も短縮でき、お客様との意思疎通も図りやすく、費用も圧縮できます。
最終到達点を明確にし、それに向かって導線(企画)をきちんと引くことができ、さらには制作までをも一貫している会社選びがベストです。

分野

映像といっても実はたくさんの分野があります。
TVの報道でしたら機動力を勝負とし、カメラで撮影した素材をすばやく放送用に編集し納品しなければなりません。
こういったことをメインとしている会社はカメラ撮影技術は強いのですが、込み入った編集は弱い傾向にあります。
ブライダル映像をメインとしている会社は、毎回同様のフォーマットで映像を仕上げていくので、多彩な企画には弱
い傾向にあります。
上記にあるのは一般論で、必ずしもそうであるとは言えないのですが、やはりベターなのは多種多様のお仕事を
しており、お客様の要望を的確に反映する技術を持ち合わせている映像制作会社
です。しかしながら逆に
言うと、これといって目立ったものがないので平均的な映像となりがちです。
映像制作会社には得意分野があります。先に述べたお客様の「到達点」にもっとも合致する分野を得意とする会社選びがベストになります。

能力

「Point2:分野」に関連して、映像制作会社にはアニメーション、3DCG、モーショングラフィック、カメラ撮影等、それぞれ得意・不得意とする能力があります。
多種多様な映像を作っていても、アニメーションは外注、なんて事はよくある話です。
もしくは、モーショングラフィックが一番得意だが、ある程度の3DCGやカメラ撮影もできるので費用を圧縮できる、ということもあります。
再び「到達点」の話になりますが、先の「分野」同様、お客様の到達点にもっとも合致する能力を発揮する会社選びがベストです。

実績

やはり、映像制作会社選びの一番の判断材料は実績です。
HP上で公開されているものもあれば、諸事情で非公開のものもあります。
必ず実績は確認する事が必須となり、それに加え、その映像がどういった目的で、どういった主旨で等も一緒に聞いたほうがいいです。
またまた「到達点」の話になりますが、その映像が自慢映像・自己満足映像ではない事を認知して判断してください。